JR播但線 寺前駅

JR播但線は姫路から山陰本線の和田山までを結ぶ路線。
長らく非電化路線だったが、98年に姫路〜寺前間が電化された。

写真は境界駅である寺前。
 

和田山方面を望む。

右の電車は103系3500番台のワンマン姫路行き。

停車中の103系3500番台。
播但線専用車。

2両編成・トイレ付など、103系の中でも異色な存在。
どちらかというと105系に近い。
 

駅横の電留線で休む103系とキハ41形。

 

戻る