円明寺ヶ丘団地・南円明寺ヶ丘団地 (京都府住宅供給公社)

住所:京都府乙訓郡大山崎町字円明寺

 

■円明寺ヶ丘団地

阪急京都本線の北側の車窓から見えた、京都府公社の円明寺ヶ丘団地。
わたしはこの団地を見た瞬間、「これは見に行かねば」と確信。

 

何でかって…号棟表示に注目。
Z」ですよ!
ちなみに、Z棟の横に写っているのは「Y」棟です。

管理会社毎にABCDで分けるのはよくあるとしても、アルファベットで号棟を
分ける
のは、なかなか珍しいんじゃないかと。

こちら、Z・Y棟の1つ北側にあるA棟。
南から北へと並んでおります。
縦一列・不均等配置と、これまた珍しい。
間隔が不均等であることがよく分かる、棟毎の入口。
斜面に沿って建設されているため、階段が非常に多い。
お年寄りには、キツそうだ…
住棟自体は、非常に綺麗に管理されています。
坂が続くよ…
半分まで登ってから、後ろを見た図。

おおぅ…道理で疲れるわけだわ^^;

境目で色が変わった団地。

J棟I棟

団地の横を通る、阪急バス。
半分過ぎてから、一層と坂はキツくなります…
遊び場。

土管だ!
そして、放置された救急箱。

何故か離れたところにポツンと建たれた、K棟
山が迫っております。

 

団地の色も薄いブルーに。
全体で、アイボリー/ブラウン/ブルーの、計3色構成。

S棟と、頂上のT棟の間から見下ろす。

南に見える市街地は、恐らく長岡京市や大山崎町の中心かと。

 

■南円明寺ヶ丘団地

先ほどの円明寺から3ブロックほど離れた場所に、南円明寺ヶ丘団地があります。

円明寺ヶ丘には案内図がありませんでしたが、こちらにはちゃんとありました。

こちらは数字の住棟表示。
高台の5棟と10棟。

この団地も、棟数が増すごとに坂になる傾向。

9棟と駐車場。

車なしではやってられん環境のためか、駐車場の数はゆとりがある模様。

すぐ脇はホンマもんの「山」。
最後の19棟。

その後ろも「山」。

こちらも棟ごとに綺麗に色分けがなされておりました。

 

おまけ:円明寺ヶ丘団地のアルファベット一覧

   

折角なので、住棟アルファベットを全撮影。
U/V/W/Xは欠番。恐らく「最大で26棟」建設する計画で、結局は22棟で終了しちゃった…のかな?
A棟とB棟の隣に、Y棟とZ棟がありますし。

資料がないので、なぜこんな中途半端な形でアルファベットが振られたのかは、謎です。

 

戻る