うちのMC19改造・メンテナンス記録

まぁ、タイトルのとおりです。

 

■タイヤ交換

購入当時からIRCのRX-01が付いてたので、更新時もそれを採用してます。
安いし、グリップも悪くなく、なにより特徴的なタイヤパターンが気に入ってます。

 

■Rディスクローター交換 2011年3月

うちのMC19は1年〜1年半に1回の周期でバイク屋に点検を依頼してるのですが、
あるときに「ブレーキパッドが片減りしている」との指摘を受けました。
どうも経年劣化でディスクローターが歪んでいたみたいです。

しかし、純正はもう在庫切れなので、ネットで出回っているウェーブ型の無名社外ディスクを購入し、取り付けてもらいました。
最初は制動力が確保できるかわからずヒヤヒヤものでしたが、歪みもなくちゃんと効いてるので、一安心しました。
ネットで5000円ほどでした。

 

■ハンドル交換 2011年5月

あれだけ「MC19は楽〜」と言い張ってたのに、ハンドル交換だとぉ?!
といわれてもおかしくありませんね…orz
「よりポジションが楽になる」という誘惑に負け、ハリケーンのハンドルを購入。
取り付け工賃含めて、24000円位しました。
MC19はハンドル振動が強いので、グリップエンドにウェイトも付けました。

取り付けの結果、スペーサーをかましたこともあって、確かに純正よりも姿勢はラクになりました。
まぁ、もともとが楽なほうでしたので、劇的に変わるとまではいきませんが…
ただ、私の場合、姿勢の楽さよりも、「右側の歯抜けのグリップエンドを何とかしたい」、という願望も含まれてましたので、良しとしてます^^;

ついでに、真っ黒なタンクは夏場にうんざりするので、適当にステッカーを貼ってあげてます^^;

 

 

■左右カウル取り外し 2011年7月〜9月

夏場のバイクは暑いものですが、うちのMC19は4発エンジンにカウルが付いてるので、ネイキッドよりさらに暑い感じがします。
水温計も半端なく上がるし。
(そらー、今時のスーパースポーツよりゃマシですが…^^;

なんで、試験的にサイドカウルを外してみた。

スマートになりましたが、やっぱりカウル取り付けが前提の車種なので、ちょっと不細工。
水温計は、少し下がりました。エンジン熱も、気持ちマシになりました。

ただ、カウルが思いのほか大きくて、保管場所に難儀したため、来年以降もやるかどうかは、不明です…

 

 

■マフラー交換 2011年10月(11月に純正戻し→翌年3月に再度取り付け)

とうとうマフラーまで手を出してしまいました。
2011年現在でMC19のマフラーを販売しているのは、「RPM」と「ヤマモトレーシング」だけです。
この2つのうち、価格が安かったRPMの「PLUMAGE」を試しに付けてみました。
安いといっても、60000円もしましたが。

 

デザインは純正の真っ黒マフラーからスリムなメッキエキパイになり、格好良くなりました
また、マフラー自体がとても軽量なため、バネ下重量が減り、高速域での振動がそこそこ軽減されました。

と、ここまでは良いのですが。
肝心の「音」が。

う・る・さ・い。

まーRPMといえば、「ショート管」で知られてますから、ちょっと嫌な予感もしてたんですが。

確かにブン回したら爽快な音ですが、住宅地を走るには、近接92dBはめっさ反響して、近所迷惑この上ない…
さらに、RPMの音しか聞こえてこず、MC19の特徴であるカムギヤの音がまったくないため、個性が失われるという結果にも。
→これは違いました。
正確には「カムギアの甲高い音が増幅されて、長時間走行していると排気音に疲れてくる」といった感じです。

結局、ひと月も持たず、自力で純正に戻しました。
(ちなみに純正といっても、マフラー交換時に「持ち帰るのが面倒」という理由で一度放棄しているため、再度ヤフオクで88年式のを買ってますorz
→純正のビビリ音や詰まった感じの音(経年劣化でサイレンサーの消音壁が変形しているみたい…)にまた嫌気が差して、再度取り付け、今に至る。

ちなみにお店の方曰く「排気口は十分に絞られてるから、消音は出来ている」とのこと。
まー、社外は基本的に音量は上がるよ、ということですね。

 

■燃料ポンプ交換 2011年11月〜2012年1月

MC19は燃料ポンプのトラブルをよく聞きます。
うちの子もこないだそれに遭遇しました。

神戸大橋のど真ん中で、ガソリン満タンなのに急失速・・・・・
「おいおいおいおいおい!!!!!」後続の車が恐怖でしたが、何とか非常分離帯にたどり着けました。

その後、バイク屋までレッカー移動。
中を開けてもらって、原因の特定に1ヶ月も時間がかかりましたが、最終的にポンプの故障ということで決着。

これまたヤフオクで中古を仕入れ、取り付けてもらいました。
ポンプを交換したとたん、加速感が上がりました。
恐らく、前から動作が怪しかったのでしょう。「ここ最近、加速が悪くなったなー」と思ったら、怪しいかもしれません…

 

 

■ETC取付 2012年2月

阪神高速が距離制料金へ移行したため、よく使う私としてはやむなく取り付けることに。
日本無線のアンテナ別体型「JRM-11」を取り付けました。

速度計の上にインジケーターを、イグニッションボックスの上にアンテナが設置されました。

 

カードユニットはリアシート下に取り付け。狭いボックス内がさらに狭くなりましたが、致し方ない…

しかし、ETC便利ですね!
高速がこんなにラクに乗れるなんて。
付けてよかったです(^^ゞ

 

======================
今のところ、ここまで。

戻る。