ホンダ スーパーカブ90 2000年式

 

 

もはや説明不要の「MADE IN JAPAN」バイク、スーパーカブ。
今の仕事に転職して、その運転のしやすさに感動し、
「これが趣味になったらどれだけ楽しいだろう」と思い、とうとう2011年の4月に購入。

色は、神戸市のシンボルカラーである「みどり」を選択。
この緑色のカブ90を手に入れるのに、結構苦労しました…
もう生産が終わってますから、中古を当たるしかいないんですが、緑の90カブって、意外や意外、ぜんぜん無いんですよ(汗

 

 

カブオーナーが口をそろえて言うことですが、
カブって楽しいんですよね。
こんなちっぽけなバイクで何が楽しいか、よくわかんないけど、
とにかく走らせるだけで、いろいろと感じるものがあります。

 

楽しいと思わせる要因はいろいろあるとは思います。
「低重心からくる安定性」
「自動遠心クラッチの実用的なギヤ操作」
「3速からでも発進できる力強いトルク」
「軽い車重で、ヒラヒラと操作できるハンドリング」
「よくハネるけど、頑丈なサスペンション」

いろいろありますが、どれか一つ突出した感じじゃありません。
とにかくすべての良さが合わさって、カブがある。そんな感じです。



▲納車直後のカブ90。まだリアキャリアにボックスのベースがない。

 

カブ90はよく走ります。
新御堂筋で試運転をしたとき、普通に車の流れについていけたことに、感動しました。
ただ、それだけの速度を出すと、エンジンの唸り音がスゴイですが^^;

(電車でたとえると、まさに103系。短距離走向けでフルノッチで頑張る所もよく似てます。)

 

幹線道路では、よく車に煽られてしまいます。
「カブだから」といって、バカにする方がどれほど多いか。
それが、最大の短所かも。

しかし、ひとたび路地に入ると、そこはもうカブの独擅場。
ストップアンドゴーが得意ですので、そらーもう楽しい楽しい。
特に京都とかの、路地ばっかりの土地は、走らせるだけで楽しいもんです。

 

エンジン音もカブならでは。
あの「ドルルルルルー」という音は、カブの最大の魅力じゃないでしょうか。
耳に優しい音が、ツーリングのときに心を和ませます。

 

▲GIVIのホワイトボックスを取り付け。三宮センター街にて。

 

「カブは冬場に弱い」とも聞きますが、
うちのカブ君は冬場もしっかり始動してくれます。
まー、寒冷地じゃありませんから、あんまり参考にならんか^^;

 

シートも柔らかくてよろしいです。
しかし、元々長距離向けのバイクじゃありませんから、あんまり長い距離を走ると、振動で腰に来ます。

でも、それも「カブの味」で許せてしまいます。何だかなぁ。でも許せちゃう^^;

 

 

カブは日本のどんな風景にもよく似合います。

まさに「ごはん」と「味噌汁」みたいな関係。

どれだけ乗っても、飽きません。

 

カブを乗らずに「カブ〜?」とバカにしてる方、是非乗ってみてください。
きっと、何か見えるものが、ありますから。

 

 

戻る